ラグジュアリーブランドで働くための
求人サイト

ラグジュアリーブランドで働く

ラグジュアリーブランドで良くされる質問

質問への回答をイメージトレーニングしましょう

ラグジュアリーブランドの面接で良くされる質問は以下です。

  • 志望動機(なぜラグジュアリーブランドで働きたいのか?)
  • 転職理由、就職理由、自己PR
  • 今までの職歴とアパレル販売員としてのスキル
  • 将来の目標やキャリアプラン
  • 自身の長所と短所
  • ラグジュアリーブランドに期待すること

質問内容はラグジュアリーブランドによって変化しますが、まずは上記質問に対する回答をイメージトレーニングすると良いでしょう。イメージの中で答えることが出来れば、想定内の質問になりますので、面接の最中に焦ることもないんですよね。

また、ラグジュアリーブランドの多くが外資系なので、積極的に自己PRをする方が良いケースもあるようです。

国内ブランドの場合は、そこまで自己主張を求められないようですが、外資系企業は欧米の文化が強く、「いかに自分をアピール出来るか? 自分には何が出来るのか?」をストレートに伝えて採用された方もいます。

私が前に受けた面接では、面接の最後に採用担当者がストップウォッチを持ち、「これから3分間で自己PRをして下さい」と言われたことがあるんですよね。その対策を行っていなかったので、3分間でまとめることが出来ませんでした…。

ラグジュアリーブランド面接でも、そのような自己PRタイムを設けている会社があると思います。その辺りもイメージトレーニングの中でしっかりシミュレーションすると良いですね。

書類審査が通れば中途採用も近い?

基本的に書類審査が通れば、「ラグジュアリーブランドの仕事に必要なスキルは評価されている」ということです。採用の可能性がない志願者とは面接することも無いでしょう。面接イコール中途採用が近い、と考えると良いですね。

しかし履歴書・職務経歴書の印象と、対面時の印象がかけ離れている、イメージしていた人物と違っていた…と面接担当者が思うこともあります。その辺りは仕方ない部分もありますが、話し方や姿勢、表情や声の大きさは気を付けるようにしましょう。

面接時に志望動機は必ずと言って良いほど聞かれますが、「なぜラグジュアリーブランドで働きたいのか?」と共に、「なぜ数あるラグジュアリーブランドの中で、弊社を選んだのか?」についても聞かれやすいと思います。

その質問に答えるには、実際にショップに足を運んだ経験が大切になりますので、今まで行ったことがないラグジュアリーブランドの場合は、面接前に必ず足を運ぶようにしましょう。

店舗やスタッフの雰囲気、接客時の印象なども伝えることが出来ますので、「どの店舗に行ったのか?」「その時にどう思ったのか?」と言った質問にも対応することが出来ますね。

面接で不採用になって落ち込むこともありますが、お互いの相性と印象を確かめる場所と考える方が良いですよ。

そうすることで次のラグジュアリーブランド求人を積極的に探せるようになりますし、行動すれば必ず道は開けますので、前向きに仕事探しを行って下さいね。

ラグジュアリーブランドに強いアパレル求人サイト