ラグジュアリーブランドで働くための
求人サイト

ラグジュアリーブランドで働く

ラグジュアリーブランドで働くのは大変?

ラグジュアリーブランドは語学力が求められる

ラグジュアリーブランドで働くのは大変かも…と思われている方が多いようです。

実際、一般的なアパレルブランドのショップ販売員よりも、求められるスキルは多くなりますね。

店舗の立地にもよりますが、語学力が求人条件となっているケースもあります。英語に加えて中国語を習得していると中途採用に有利と言われています。

それ以外にも接客対応、言葉遣い、姿勢に気を付ける必要がありますし、高級ブランドのイメージを損なわないような顧客対応が求められます。

そのような観点から考えると、確かにラグジュアリーブランドで働くのは大変と言えますが、その分スキルとキャリアに反映される部分も多いですよ。

憧れのラグジュアリーブランドで働いているという満足感は、他のショップでは体験できない感情ではないでしょうか。

アパレルショップ店員を目指す理由として、「洋服が好き、オシャレが好き」と答える方が多いですが、ラグジュアリーブランドにずっと憧れていた、いつか働きたいと思っていた…という方にとっては、仕事で大変なことがあっても「毎日が楽しい」と感じられるかもしれませんね。

仕事に慣れることが大切です

ラグジュアリーブランド以外のアパレルの仕事もそうですし、他の職業でも同じですが、仕事に慣れない内は苦しいことも多いんですよね。スムーズに役割をこなせない自分にイライラすることもあるでしょう。

しかし仕事を覚えて、努力が結果に繋がれば自信を付けることが出来ますし、より仕事が面白く感じると思います。

私も接客業を行っていましたが、仕事を覚えるのに時間が掛かるタイプなので、最初の頃はよく叱責されていました。

しかしそのたびに努力して、休み時間に仕事の流れをノートに取ったり、帰宅後に1日の反省と改善点を見直すことで、次第に仕事がスムーズになり、周囲から認めてもらえるようになりましたよ。

厳しい先輩や社員もいるとは思いますが、それは期待の裏返しと考えるようにして下さいね。本当に見放された時は、何も言ってもらえませんから。

好条件のラグジュアリーブランドを探すには?

今はTwitterやFacebookのようなソーシャルネットワーク(SNS)が発達していますので、店員の態度や接客対応の不満が、お客さんによって一気に拡散することもあります。

ブランド=信頼と言い換えることが出来ますし、そのようなことを防ぐためにも、ラグジュアリーブランドの店員には高いレベルの接客対応が求められると言えるでしょう。

ルイヴィトンやエルメス、カルティエ、クリスチャンディオールなど、人気のハイブランド・ラグジュアリーブランドの求人を探すには、アパレル紹介会社を利用すると良いですね。

正社員が難しい場合でも、アルバイトや派遣で働けるかもしれませんし、経験を重ねることで好条件のラグジュアリーブランドへ転職できる可能性も高くなると思います。

紹介会社は無料で活用できますので、気軽に登録されてみて下さい。志望動機や自己PRを一緒に考えてもらえることがありますし、面接対策に関してもアドバイスを受けられることが多いですよ。

ラグジュアリーブランドに強いアパレル求人サイト