ラグジュアリーブランドで働くための
求人サイト

ラグジュアリーブランドで働く

アパレル転職、面接対策のポイント

実際に店舗に足を運びましょう

ルイヴィトンやシャネル、エルメスなどラグジュアリーブランドで働きたい、と希望されているあなたへ。

昔のようにモノが簡単に売れなくなったアパレル業界でも、業績好調なラグジュアリーブランドですが、転職するには面接対策が必要になります。

ラグジュアリーブランドは他のアパレルショップより採用が厳しいことが多く、しっかりとした履歴書・職務経歴書の作成と共に、面接への取り組みが重要ですね。

特にポイントとしては、話し方、表情、声の大きさが大切になります。

明るくハキハキと笑顔で喋ると良いですね。そのラクジュアリーブランドに対する憧れが強ければ強いほど、面接時に緊張すると思いますが、それでも可能な限り明るく、笑顔で話すようにして下さい。

書類審査をクリアした段階で「仕事に必要なスキルがある」と判断されていますので、面接では第一印象と共に、自社ブランドへの興味、関心を聞かれることも多いでしょう

そのためにも店舗に足を運び、ブランド商品に触れ、接客を受けてみて下さいね。配属先の店舗が分かっていれば、実際にそのショップに行くと良いですよ。そして雰囲気や印象について、ノートにまとめるようにして下さい。

と言うのも、面接時に「どこの店舗に行きましたか?」「接客の印象を教えてください」などの質問をされるので、店舗の印象、雰囲気、接客の印象について自分なりに考えをまとめる必要があるんですよね。

志望動機・自己PRも大切です

他にも志望動機・自己PRも大切になります。志望動機に関してはアパレル転職に限らず、どの企業の面接でも聞かれますが、あらかじめ想定できる質問に関しては、スムーズに受け答えできるように考えるようにしましょう。

「なぜ、このブランドで働きたいと思いましたか? 入社してどのような仕事がしたいですか?」

といった質問ですね。

面接時に嘘をついても、すぐに採用担当者に伝わるので、想いをストレートに伝えると良いです。ただしマイナスな内容、ネガティブな事柄に関しては、あえて言う必要はありません。

たとえば「給料に魅力を感じて応募しました」と言っても、面接担当者の心象は良くないですよね。特に日本では、お金のことを前面に出さない方が印象が良いかなと思います。

採用するラグジュアリーブランドとしても「採用後に期待できる人材かどうか?」をチェックしていますので、それに応じた想いを伝えるようにしましょうね。

以上、ラグジュアリーブランドの面接対策のポイントについて記載しましたが、まずは人材紹介サービス・転職求人サイトに無料登録して、サポートを受けながら転職を目指してみて下さいね。

ラグジュアリーブランドに強いアパレル求人サイト