ラグジュアリーブランドの面接、志望動機どうしよう?

履歴書作成で一番悩む志望動機

ラグジュアリーブランド求人への応募を決めたけれども、志望動機に悩んでいる・・・

志望動機の例を探して、ずっと履歴書を書けないまま何時間も経っている・・・

ラグジュアリーブランドの求人は少ないため、応募の機会も貴重だと思います。

「もし落ちたら(不採用になったら)どうしよう。。落ちないために頑張って志望動機を作らなくちゃ!」

といったように力が入ってしまい、余計に志望動機が考えられなくなってしまっている方もいるかもしれません。

志望動機の作り方、書き方

就職希望先がラグジュアリーブランドに限らず、どの企業でも一緒かと思いますが志望動機は、

「なぜ、この企業(ブランド)で働きたいのか。入社してどんな仕事をしたいのか」

を書くべき部分となります。

ですから迷いながらでも構いませんから、まずは志望動機を一度書き出して見る事をおすすめします。一度書き出してみて、そこから推敲していくと良いかと思います。

志望動機もあなたの今までの経験から、アピール出来る書き方があるはずです。

人それぞれ違って当たり前の部分となりますから、出来るだけ熱意が伝わるように書かれると良いでしょう。
(志望動機の例にあるような文章をそのまま使うのは避けるようにしましょう)

未経験からの転職。
経験者としての転職。
異業種からの転職。

経験者といってもアルバイト・派遣での販売スタッフであったり、他ブランドでの勤務経験であったりと色々なケースがあるでしょう。

採用する側としては、新しいブランドで働く訳ですから、まずは「ブランドのことをしっかり勉強したい」という姿勢の方が好まれるようです。

接客で誤ったブランドイメージを伝えられると大変困りますから、そうした姿勢のある方は良い印象を与えられるようです。

また「お客様に楽しんで買い物をして頂けるように頑張りたいです」といったように、肩肘張らない志望動機の方も良いかもしれません。

重要なのは面接です。

志望動機は面接でも直接聞かれますから、その時に笑顔で答えられる事が一番大切、といえるでしょう。

でもそうはいっても不安、どう準備したら良いかよく分からない・・・

という方は、当サイトでもご紹介しているようなアパレル求人サイトを活用してみてください。

面接対策も含めてアドバイスをもらう事が出来ますので、利用されてみてはいかがでしょうか。