ラグジュアリーブランドで働くための
求人サイト

アパレル求人について

外資系ブランドショップ求人

外資系ブランドショップで働きたい方へ

外資系ブランドショップ求人をお探しのあなたへ。

ルイ・ヴィトンやティファニー、シャネル、グッチ、プラダのような外資系ブランドに憧れている方って多いですよね。

カジュアルブランド、国内ブランドより格式が高かったり、お店の雰囲気が異なっていたり、「外資系ブランドのショップで働いてみたい」とお考えではないでしょうか?

外資系ショップが多いのは東京かもしれませんが、全国展開している有名ブランドもありますね。私は札幌市に住んでいますが、さっぽろ駅や大通り周辺に外資系のブランドショップが見られます。

百貨店や総合ビルの1階に入っていることが多いです。そのようなショップは入口に警備員がいたり、店内の雰囲気もカジュアルブランド(国内)とは違いますよね。

全体的に『格式の高さ』を感じる外資系ブランドが多いですが、それは歴史の違いかもしれません。その分、ショップ店員に求められる基準も高くなるでしょう。

外資系ブランドショップに採用されるには?

外資系ブランドショップで働く条件として、

  • 丁寧な言葉遣いで接客できる
  • 正しい姿勢で接遇できる
  • ショップ店員として3年以上の経験

など、特に正社員採用が厳しくなっています。派遣やアルバイトは比較的簡単に採用されますが、それでも国内ブランドよりハードルが高いことが多いです。

今までに外資系ブランドショップで経験があれば、履歴書・職務経歴書内で積極的にアピールして下さい。

外資系ショップは未経験でも、国内ブランドで働いた経験も評価されやすいですよ。外資も国内も未経験の場合は、まず国内ブランドで経験を重ねる方が良いと思います。

ただし上記は一般論ですから、詳しくはアパレル事情に詳しい転職求人サイト(人材紹介)の担当者に相談して下さい。サポート体制が充実している人材紹介サービスなら、コンサルタントに直接相談できますからね。

対象エリアは限られるかもしれませんが、その辺りは公式サイトで確認していただければと思います。東京にお住まいでしたら、利用できる可能性が高いですよ。

英語が話せる方が採用に有利?

外資系ブランドは「語学スキルが高い方が有利」と言われます。日常レベルで英会話ができる、中国語に堪能、などのスキルですね。

確かに国内ブランドよりも語学に秀でている方が採用されやすいと言えます。実際の求人募集を見ても、TOEICのスコアを求められる案件がありますからね。

しかし全ての外資系ショップで語学力が必要なわけではありません。立地条件や客層によって左右されることもあるんですよね。

空港内や高級ホテル近くのショップは外国人観光客が多いので、必然的に語学スキルが必要になるでしょう。最近は中国、韓国、台湾のようなアジア圏の観光客が増えていますから、英語以外の言語も使いこなせる方が有利です。

あとは雇用形態によっても必要性が変わりますね。アルバイトや派遣の場合、そこまで高い語学スキルは求められないと思いますが、正社員は本部とのやり取りで英語が必要ではないでしょうか。その辺りも、まずはアパレル求人サイトで確認すると良いですよ。

「長く外資系ブランドショップで働きたい」とお考えでしたら、本気で英語スキルを身に付けて下さいね。

ラグジュアリーブランドに強いアパレル求人サイト