ラグジュアリーブランドで働くための
求人サイト

アパレル求人について

同じブランドに再応募って可能?

再び履歴書を応募するかはケースバイケース

「不採用になったブランドにまた応募して良いの?」と悩むこともありますよね。

同じブランドにまた応募するかどうかは状況にもよります。期間にもよりますね。

たとえば面接の感触が悪かった場合、再度応募しても採用される可能性は低いでしょう。逆に面接の感触が良くて、お互い好印象だった場合は、面接担当者も泣く泣くあなたを不採用にしたかもしれません。

複数の志願者がいて、そのうち1人を採用する場合、どうしても難しい決断になるんですよね。

私も企業で面接を行っていたので分かりますが、採用に至るまで様々なプロセスがあります。履歴書・職務経歴書を元に書類審査を行い、面接を行って印象を確かめ、その後複数の志願者の中から採用者を決めるわけです。

人数制限が無い場合、もしくは良い人材が少ない場合は悩まないのですが、複数の志願者から1人採用するケースでは、頭を悩ませるんですよね。

そのため、面接時の印象が良かった場合では、期間を空けて再度応募しても良いと思います。アパレル企業としても歓迎してもらえる可能性がありますし、中には三度目の応募で採用されたケースもあるようです。

しかし明らかに面接時の印象が悪く、手応えが無かった場合は、再度応募しても難しいかもしれません。少なくとも、不採用後に数ヶ月で履歴書を送るのは避けた方が良いですね。

同じ採用担当者が履歴書をチェックする可能性が高いので、不採用の可能性が高いと思います。履歴書・職務経歴書を作成にも時間が掛かりますし、お互い無駄な時間を過ごすことは避けましょう。

経験を積んだ後、同じアパレル企業に応募する

他のブランドで数年働いた後、改めて同じブランドに応募するのは良いですね。その頃には採用担当者が代わっている可能性がありますし、再び書類審査に通過する確率も高くなります。

どうしても憧れのブランドで働きたい、希望のラグジュアリーブランド、ハイブランドで働きたいという気持ちは分かりますが、一度不採用になっている場合は、改めて経験を積んでからの方が良いと思います。

不採用の事実を突き付けられると悔しいですし、時に無気力になることもありますが、決してあなたの全てが否定されたわけではありません

未経験が不採用の理由かもしれませんし、前述したように、あなた以外の志願者と迷った末に不採用になったかもしれません。

そのため、アルバイトや派遣として経験を積んで再チャレンジしたり、アパレル就職に有利な資格を取得して再挑戦することをオススメ致します。

ラグジュアリーブランドに強いアパレル求人サイト