ラグジュアリーブランドで働くための
求人サイト

アパレル求人について

アパレル業界内の転職って多いの?

スキルとキャリアを築いて求人の幅が広がる

アパレル業界内の転職ですが、他の業種よりも非常に多いと言えます。

総合職の場合、営業から事務へ、事務から営業へ希望する方もいますし、転職成功例も多いです。しかしアパレル業界は未経験採用を除き、同じ業界でキャリアを積んで転職を行うのが一般的ですね。

志望動機として多いのはポスト面です。店長のポスト争い、高年収に繋がるポストへの転職などを考えて転職を考える方が多いようですね。

もちろんそれ以外にも、未経験から派遣やアルバイトで働き始めて、その後に正社員就職を目指して転職活動をされる方もいます。元々憧れていたラグジュアリーブランドの求人募集を転職サイトで見つけて、履歴書を送ってみることもあるでしょう。

以前は採用基準に満たなかったけれども、ショップ店員、販売員としてスキルとキャリアを重ねた結果、応募できる求人の幅が広がることは良くありますね。

また採用するアパレル企業としても、コミュニケーション力が高く、仕事の経験が豊富な人材は採用されやすいと言えます。

そのためにも大切なのが職務経歴書ですね。今までどのショップでどのような仕事を行ってきたのか、どのような実績を上げたのか。アルバイトや派遣でも、店舗の売上に貢献した実績があれば、積極的に伝えると良いでしょう。

採用担当者はあなたのココを見ている

履歴書・職務経歴書を送って書類審査が通過すれば、面接では初対面の第一印象が大切になります。志望動機や自社ブランドの印象も聞かれるますが、それと共に第一印象で採用、不採用が決まることも多いです。

私も元々企業で面接担当をしていましたが、最初の印象でほぼ決まるんですよね。それまでに履歴書で自己PRや経歴、資格などは確認しているので、あとは会った時の雰囲気、姿勢、話し方などが評価対象になります。

もちろん履歴書の内容と実際の受け答えに矛盾がないかは確認しますが、やはり第一印象が大切ですし、その傾向はアパレル業界の転職でも強いのではないでしょうか。

特にコミュニケーション力の高さが要求される仕事ですから、相手の目を見て自然にコミュニケーションが取れるかどうかが大切ですね。

アパレル業界は転職も多いですが、2~3ヵ月で転職を繰り返すよりも、一つのショップで長く勤務した後、転職を考える方が印象も良いと思います。

短期派遣や単発アルバイトを除いて、正社員としてラグジュアリーブランド、アパレル企業に勤めている場合は、しっかりとスキルを身に付けた後、転職活動を始めると良いでしょう。

ラグジュアリーブランドに強いアパレル求人サイト